2014年4月5日土曜日

中古 ダイヤモンド 1ct プチネックレス ガードル厚く、黒点多し





インクルージョンたっぷりで、ガードルも分厚いです。

お勧めですか? と、聞かれると、お勧めはしませんが、

このくらいの輝きで、カジュアルに使うなら、これくらいの方がいいのでは?

と、思ったりもします。

ガードルが分厚いので、直径がやや小さめではあります。

黒点が多いです、見た目の輝きはそれなりにあります。(あ、またそれなりという言葉が…)

写真ではわかりにくいですが、若干黄色を感じます。

枠の爪も仰々しくないので、さりげなくなにげに1ctのダイヤモンド 的に、日常的にお使いいただけるかな?と・・・

予算の都合上こういう物しか買えませんでした。

ではなく、あえて、このクオリティーのダイヤモンドを使ってみるとか…

質にこだわって、1ctのダイヤモンドを探すと、100万円は普通に越えちゃいますので…

限られた予算内で、どういうジュエリーコレクションをしていくか?

そういう感じのジュエリーのコレクションの方法もありますよね。

真っ白けで、とてもダイヤモンドの輝きを楽しめないような、提供側に悪意の感じられるダイヤモンドも数多くありますが、

こちらはインクルージョンは多いですが、悪くない感じではあります。

ガードルがすりガラス状というのも、個人的なポイントを付けたいところではあります。

あまり聞いたことありませんが、
ジャパン・じぇもロジカル・サービス の鑑定書付

直径約5.8mm 縦約4.3㎜

仕上げの後納品いたします。

>> ご購入はこちらをクリック!

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-




N601007

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ