2014年10月10日金曜日

474:翡翠8.41ct 唐草 P.m850 リング #13 昭和ジュエリー



屋外で撮影してみました。

↑追記



爪を細くしちゃいまいた。↓





↑追記





買って満足するタイプなので、うっかりするとこうやって紹介するのを忘れてしまう…

翡翠はグレーっぽさを感じて、内放物ももやもやとしておりますが、透明感も少しあって、うん、まぁ翡翠ですね。

といった感じです。

唐草もキャストではなく、ハンドメイドですが、ビシーッとしているというほどでもなく、うん、まぁ、唐草のリングですね。

といった感じです。

特にお勧めはしませんが、刻印が、

8.41 / D0.162 / P.m850 

と、ありまして、翡翠が8.41ctだと思いますが、

うーん?そこまで大きいかな? という物がありますが、

ルースが、下側に丸く膨らんでいるので、そう感じるのかもしれません。

爪をちょっと補足したいなぁという誘惑にかられますが、どうしようか未定です。

上記の説明だと、ひどい書きっぷりに受け止められるかもしれませんが、

なんだか、こう、悪くないんですよ。

それは、なんでかなーと、思っていたら、

唐草が下からもりっと球状になっています。



上手く説明できませんが・・・

わりと、「スクッ」っと立ち上がっているものが多いように感じます。

こう、もりっとなっているものも、なんだかいいっすよ。

・・・言葉遣いがだんだん変に・・・

何がすごいってことではないですが、いろんな部分のバランスが、なんだかいいなと思えるリングです。

仕上げ&ミニ鑑取得後の納品

仕上済み&鑑別書取得済み

※気分次第で、今後、爪を細くするかもしれません。



>> ご購入はこちらをクリック!





>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-




K60907_6

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ