2015年4月19日日曜日

550:サファイア2.21ct ダイヤモンド取巻 唐草 PT900 リング M-style



仕上げ後↑

職人さんにお見せしたところ、福岡の某工房作のもので、

多分これは自分が作ったんじゃないかなぁ~ とのことでした。

唐草は、人それぞれ個性が出るようで、同じように見えてもそれぞれ違います。

中古のジュエリーはそのほとんどが、どこで作られたか等わからなくなりますが、

誰が作ったかまで判ると、楽しいですね。

唐草は、上から見た時には見えません。

見えないからこそではありませんが、注文時のデザイン画に昔は横からの図が無かったそうです。

ですから、側面の唐草は、職人さんが自由に作っていたとの事。

一見目立ちませんが、唐草には、職人さんの個性が出てるんです。

職人さんの仕事は、今も昔もガシッと安心感のあるしっかりした作りです。



仕上げ前↓



綺麗な唐草。

くるりと巻いた感じがいい感じです。

使用感があります。

結構使われていたようです。 サファイアの側面にあとからついたと思われるキズがあります。

強度に不安をあたえるようなものではありません。

サファイアの青の色合いは、スリランカ産のサファイア的な色合いです。

写真の方が青く見える感じです。青さを少し、引き算するといいと思います。

サファイアの「青」をお勧めしたいというよりは、

唐草リングとしてのおススメをしたいです。



仕上げ後パリッと蘇ってくれるでしょう。



ご購入はこちら↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=94469420

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-

H70416_3

0 件のコメント:

コメントを投稿