2015年6月14日日曜日

560:アンティーク ダイヤモンド ブローチ 兼 ペンダント



素材について、整理します。

本体、枠はシルバー、枠の裏側は金の純度が30%の金

ペンダント用金具の輪っかは PT900(おそらく後付け)

落下防止用のピン(チェーン付き)(後付け)Pt

本体についているネジ式で取り外し可能なピンは最初からあったものだと思われます。

↑追記



職人さんが言うには、輪っかのみ後付けで、可動式の金具は最初からあったものだろうとのことでした。



↑追記





※ネックレスは付属しておりません。別売りです。

ペンダント用の可動式の金具は、もとからあったものではなく、どのタイミングでかはわかりませんが、後から取り付けられたもののように見えます。(違うかもしれませんが)



↑追記



ここにたどり着くまでに、いろいろとありましたが、

ご縁があり、当店へ…

来なかった可能性もありましたが、まぁ、こういうのはなかなか出てくるわけではありませんし、

手元に置いておきたいなと…

古いカットのダイヤモンドが散りばめられております。

原石が連想できるような縦長いカットの石もあり、

計算されつくされ、洗練された現代のダイヤモンドとは違った味わいがあります。
枠はシルバー、枠の裏側は金の純度が30%の金です。
日独宝石研究所の鑑別書付 ダイヤモンド全石検査済

ご購入はこちら↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=94397580

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-


S70609

0 件のコメント:

コメントを投稿