2015年10月24日土曜日

マーキスカット 翡翠 ダイヤモンド取巻 P.M リング #13 昭和ジュエリー



千本透かし全盛の時代のものだと思いますが…

透かしがありません。

千本透かしは、材料代より、工賃の方が安かった時代の技法と考えるならば、

コストを考えずに作ったリングという事になるのでしょうか?

翡翠がもうちょっとキリッとした緑で、インクルージョンが少なく、透明感があとすこしあったら・・・

と、思いますが、翡翠は今も昔もなかなか良いものが無かったのでしょう。

時折、おっと思わせる輝きと透明感を見せてくれますけどね。

気に入って使われてたんでしょうね、翡翠の表面に若干キズがあります。

石は覆輪留めで、ミル打ち(ローレット)がなされています。

ダイヤモンドも綺麗です。

大きさもありますので、見栄えはしますよ。

仕上済み

ご購入はこちら↓
http://classics.shop-pro.jp/?pid=94889031

>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY / 肥前屋質店-


S70623_3

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ