検索

2021年6月16日水曜日

ウォーターオパール 立体的な手巻き唐草 ミル打ち プラチナ リング #10 #VJJ16151



日本製手巻き唐草ヴィンテージリング

なかなかに凝ったデザインで、唐草が立体的に配置されていたり、アームの面の取り方、ミル打ちなどの表現も豊かです。
ツイッターで投稿させてもらいましたが、石の形がやや歪んでいたり、唐草の配置も現代の人がこれを作る場合は作成時にこのズレは気になるだろうな。
というところも多々ありつつの、トータルで見るとバランス取れているという。
なんていうんですかねぇ、活字ではなく、書道の文字って活字的なバランスではなく、トータルで見て整っているというそういう感覚が微量入っているというか、
そこまで対称性がないわけではないのですが、細部を見ていくとずれていますよね。
でも、パッと見た印象はそこに目がいかないですし、そういう細部を見ることがそんなに意味がありますか?という感じというかなんというか…
このリングが特別そうというわけではなく、昔のリングを扱っていると多々あるんですけどね。

ウォーターオパールは綺麗っちゃ綺麗なのですが、これは色彩が強く出すぎている等、写真でうまくお伝えできてる気があまりしません。
斑があまり出ない角度もあります。
表面ガサガサってことはありませんが、ポツンと小さな凹みあります。

鑑別機関で調べてはもらえませんが、メキシコ産のウォーターオパールだと思います。
アフリカ産の石を乗せ換えてるとかそういうことはないと思います。
水しみ込んで色も変になるものあったりしますので、気を付けてくださいね。

枠は小傷は入っているものの、使用感はそこまでなく、ミル打ちの摩耗もあまりありません。

サイズアップの痕跡あります。
その際に、刻印の一部無くなっています。
刻印打つ位置考えようよとか、サイズ直しする場所ももうちょっとずらそうよとか思ったりもしますが、その辺の強引さもまぁ面白いなと・・・
サイズ直しがいつ行われたかはわかりませんが…

時代は、うーんどうなんでしょうかねぇ 昭和50年代前後? 昭和40‐50年代??

刻印は P.(陰刻) のみ💦

付属品 中央宝石研究所ソーティングメモ

仕上げ他メンテナンスの後納品いたします。



>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY  ショッピングサイト


2021年6月15日火曜日

ラウンド ムーンストーン 千本透かし K14WG リング #14.8 昭和ジュエリー #VJJ16142



日本製のハンドメイドヴィンテージジュエリー

やや珍しい丸型の千本透かし、そしてそこにセットされている石もムーンストーンで、こちらも千本透かしで見る機会は少ないですね。

デザインはなかなかに秀逸で、山高なカボションカットのムーンストーンと、千本透かし部分も含めて、輪の上に球がのっかっているように見えます。
こういった形状の石を留めるために爪は長ーいのですが、真上から見るとあまり目立ちません。
ただ、見るからに爪が緩みそうな形だなと思った通りに、爪が緩んで石がぐらついています。
おとどけ前には一度締め直しを行いますが、緩みやすいでしょうね。
そういう特性込みでお考えいただければと思います。

ムーンストーンのシラー効果は、左右対称ではありません。
表面に細かい傷があります。

サイズ直しの痕跡あります。

時代は、どんなもんでしょう?
昭和30-40年代前後だと思いますが、
現代のものといっても特に違和感のない感じが秀逸ですねぇ~

刻印は [K14][WG](陽刻)

仕上げ、爪の締め直し他メンテナンスの後納品いたします。



>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY  ショッピングサイト


2021年6月14日月曜日

変則カット合成ルビー 千本透かし K18 リング #12 #VJJ16141




日本製の手作りヴィンテージリング

千本透かしは鋸刃ではなく打ち抜いて作られていると思います。
縦方向はきっちりしているのですが、横方向の爪が緩んでいます。
石座と石の間にも隙間があります。
石座とアームも曲がっていますね。
枠の傷、石の傷から考えると日常的にガンガン使われていた感じですね。
職人さんに締めなおしていただきますが、どの程度戻るでしょうかね?

合成ルビーは、写真では青みのあるものもありますが、実物は青みを感じない深みのある赤色
面白いのが、テーブル面がありません。
面も多いので、キラキラもありますが、下からの反射というよりは、色が深く溜まってる感じですかねぇ~

汚れたまんまの写真ですみませんね。
でも、おとどけ前にはきちんとメンテナンスしましてお届けします。

時代は、昭和30-40年代でしょうか?
刻印は K18(陽刻) 、 丸に、扇形の中に「E」



 
上の文章では、さんざんけなしているようなこと書いてますが、
綺麗なんですよね~この赤
でも、あまり期待しすぎないようにしてくださいね。

>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY  ショッピングサイト


ブログ アーカイブ