検索

2022年5月22日日曜日

ブドウをモチーフにした銀製の大ぶりのブローチ あこや真珠 中古 #VJJ25221



ブドウをモチーフにした銀製の大ぶりのブローチ
大小のあこや真珠がセットされています

葉っぱやつるなどが割と写実的に表現できるところが、サイズが大きいというメリットでもありますね。

あこや真珠は真っ白というよりはほんのりクリーム色がかってはいますが、きれいですよ。
ただ、形は裏側がわりといびつなものも多いです。
きちんとした球じゃなきゃヤダという価値観もわかりますが、
そもそもが金やプラチナではなく銀製でコストが意識されている中で、
いかに良く見せようかと考えるならば、形を選択する優先順位は低くなる。
それはとても理解できます。
(逆に言うと、見える見えない関係なしに良い材料を使っているジュエリーは、だからこそすごいともいえるのですが)

真珠のブローチあるあるですが、固定する接着剤が思いっきりはみ出しておりましたが、
職人さんに可能な範囲で除去してもらいました。
黒点も散見されていたのでそれも除去してはもらいましたが、完全には取れておらず残っている箇所もあります。

葉っぱには、つや消しとミル打ちの装飾があります。
つや消しは、葉っぱにまんべんなく施されているのではなく、届く範囲でやってる感ありますね。
とか書いていくと、よっぽどひどい品物のように思えるかもしれませんが、
実際のところはそうではなく、いい感じのブローチですよ。

っていうか、こちらのブローチ、丸ごと鋳造ではなく、このブドウのつるはロウ付けして固定しているような…
とか、手作業の痕跡も垣間見え、そういう面を見ていくと味わい深いというか、
よっぽどその辺のジュエリーよりも表現力が多彩かな…

時代は 平成だと思います。

刻印は SILVER(消えかかっています)

仕上げ済みですが、黒い部分が残っているので納品前にもう一度職人さんにメンテナンスをお願いしてからの納品となります。



>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY  ショッピングサイト


スターサファイア 千本透かしのようだけれどもちょっと違う 肩にちょっとした和彫 リング #14.6 #VJJ25211 昭和ジュエリー



日本で作られたヴィンテージリング


一見、千本数かしとは全然違うように見えますが、工程としては千本透かしと同じ部分があり、

というか、

肉厚の板で千本透かしを作り、

さ・ら・に

そこから削って

植物的というか、丸みを帯びた線のように見せているのです。


千本透かしだ、千本透かしだといえば

側面、裏面に目が行きますが、

そもそも正面からは見えない部分なんですよね。


何故こんな正面から見えないところにわざわざというか、

いわゆる千本透かしではなく、そこから曲線美を際立たせようとしたのだろうか?

その意図であったり労力を想像するとさらにこの指輪が味わい深く見えてきます。


だから何?

という話でもありますし、

ほとんどの方が、だから何?というか、そもそも工程とかそういうことはどうでもよくて、可愛いかどうかが大事なのかもしれませんが、

長年千本透かしを見ていると、こういうのを見てしまうと唸ってしまいますね。


でも、ジュエリー扱っていて、何が楽しいかってやっぱりこういうジュエリーとの対話だったりしますね。

そうなんです。

ほとんど、対話のような形でぶつぶつ言いながら指輪を見てしまうんですよね…


・・・といいつつも

めちゃくちゃ丁寧とか、超絶技巧とかそういうものではないので

大きく開いているその鼻の穴は小さくしてもらって

あったかいお茶でも飲んでいただいて

ホッと一息ついて、冷静に考えて貰えればと思います。


スターサファイアは大した事ないというか、色もグレイッシュで、薄く、裏はカットされておらず凸凹で現代の価値観とは違う出来上がりのものがセットされております。

でも、そこが良いというかなんというか、

規格品のような個性の無い形ではなく、原石の形が想像できるような形をしているわけで、その個性のある形でスターが出ているわけですから、カッターの方の工夫もきっとあるわけで、

宝の石 とか言いながら、工業製品のような規格品の無個性さよりは、1石1石の個性やカッターの意図が感じ取れるものの方が楽しみ方の奥行きは深いように感じます。


石はおそらくですが非加熱だろうと思います

刻印は [K18](陽刻)


時代は・・・

ごめんなさい。よくわかりません。

そこそこ古そうな気もしますが、めっちゃ古いかどうかはうーん・・・

不勉強でごめんなさい。

うーん・・・

昭和30-40年代、もしくはその前・・・

うーん・・・


中央宝石研究所ソーティングメモ付き


仕上げ他メンテナンスの後納品いたします。





>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY  ショッピングサイト


やや淡い緑?青緑?のトルマリン 手巻き唐草 リング #11 #VJJ25201 昭和ジュエリー




ブランド/製造国
デザインについて
使用されている宝石
石について、写真に対して
石座は手作り、アームも手作りだと思います。
枠について、キズについて
サイズ直しの痕跡
枠のキズ、コンディション
時代は、
刻印は
金性 コメント
付属品
仕上げ他メンテナンスの後納品いたします。



>> VINTAGE JAPANESE JEWELRY  ショッピングサイト


ブログ アーカイブ