2014年8月22日金曜日

中古 リフォーム オパール ペンダント PT900 ダイヤモンド 






オパールのペンダント。

スッキリとした色で、斑が細かく多彩で綺麗なオパールです。

実物はもう少しスッキリ明るい感じです。



写真は暗く映りすぎですが・・・(寄せて撮影するとどうしても影の下での撮影になりますので…)

面白いのが、サイドの2石が現代的なラウンドブリリアントではなく、ちょっと昔風のカットという事。

小さな小さなメレなので、肉眼でみるとキラキラしていますし、そこまでの減点ポイントではないように思います。

どういう経緯で、この3種類のカットのメレダイヤモンドが収まったのか、興味はありますが・・・

もともと、量産のものではなく、ハンドメイドのペンダントだったようです。

そのあたりにヒントがあるのかもしれません。



最初は、写真のようなパーツが付いていましたが、(外したパーツは商品に含まれません。)

職人さんにお願いして、ちょっとしたリフォーム?をしました。

こういうのをやっていて思うのは、何が正解かわからない。 という事。

自分が行っていることがやってよかったことなのか、それともそのままの形で残しておく方がよかったのか、

考え出すときりがないのですが、

地金の鏡面光沢の部分がたっぷり見えている以前の形よりは、今の方が、使っていただきやすいのかな?と・・・

バチカンが三角というのもあまり好きではないのと、つるんとした鏡面光沢よりは変化があっていいのかなと、

そういう発想で、この形になりました。



このペンダントが、人の目に触れる、使われる。

それが、「生きる」ということの一つのあり様でもあり、

「生きる」という方向からジュエリーを見ると答えがおのずから出てくるような気もします。



>> ご購入はこちらをクリック!


>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-



0 件のコメント:

コメントを投稿